車椅子の選び方・使い方で選ぶ

車椅子選び方の第一は、まず使い方だ。

 

  • 自宅内で使うのか、屋外で使うのか。

     

  • 車での移動があるか、ないか。

     

  • リクライニングの必要があるかどうか。

     

一日中、車椅子に座って作業などをする場合は、何よりも椅子としての座り心地や、機動性が重要でしょう。

 

長時間使うには、どっしりした頑丈なモノが必要で、簡易タイプや軽量タイプは避けた方が良いでしょう。

 

また住まいの周囲を散歩したい場合には、電動式のガッチリしたタイプが必要です。

 

公園などで休養を取りたい場合は、リクライニング機能がついていると便利です。

 

介助なしで自分の力でどこでも行けるという事は、精神衛生上、非常に良い事ですから、自走式や電動式など、自分で動けるタイプを選びましょう。

 

屋外では、街の至る所に段差があり、また歩道も実はガタガタです(これは後ろ歩きしてみると分かります)。

 

から、しっかりしたタイプが必要ですデスクワークなどをする人の場合は、肘掛けが机の下に入るタイプを選ぶ必要がありますね。

 


車椅子の選び方・サイズの選び方。

車椅子選び方チェックポイントとは背もたれの高さは、肩胛骨の下(下縁)までの高さが必要。

 

自走の場合はあまり高いと邪魔になる。

 

肘掛けの高さは、ひじを曲げて楽に載せられる高さ。

 

低いと腕が重いし、高すぎると自走するときに邪魔になる。

 

ひじを90度に曲げた時の高さより、2〜3cm高めが推奨されている。

 

座席のシートの幅は、おしりの幅プラス5センチ程度。

 

介助する人の手が入るくらいの余裕が欲しいところ38・40・42cmから選択シートの高さは、足の裏がしっかり足置きに載せられる高さ。

 

足がぶらつかない事が大事。

 

下腿長に5cmを足したくらいが目安

 

シートの奥行きは、一番奥に座ったとき、膝の裏に軽く余裕がある位がよい。

 

座ったときの尻の後ろから膝の裏の長さをはかり、5cm引いたくらい

 

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加